ビジネスを仕組み化すべき理由

どうも、たんばです。

 

いきなりステーキですが、

(深い意味はありません。)

あなたに1つお聞きします。(笑)

 

死ぬ気で労働して30万稼ぐのと

無理に働かず100万稼ぐ・・・

 

どちらがいいですか??

間違いなく『後者』ですよね。

 

稼ぐ 画像 に対する画像結果

 

前者と答えたあなたは、

今すぐこのぺ-ジ閉じて下さい!!

 

すいませんが、

前者と答えた方には必要ない話です。

 

 

それでは、後者とお答えた方は

この先を読み進めて下さい!!

 

今回お伝えする内容は・・・

 

"ビジネスを仕組み化(自動化)"

 

についてです。

 

この記事を読めば、ビジネスを

仕組み化する為の考え方

 

そして、仕組み化すべき本当の

理由が分かります。

 

関連画像の詳細を表示

 

その結果・・・

 

フリーランスになっても収入が

上がらず悩み、社畜の労働地獄

の方がよくみてるように・・・

 

今までより時間が減っているのに

収入が増え続ける・・・

 

という思いもよらない矛盾な世界を

手に入れることができます。

 

反対に、この内容を

理解していないと

もし、脱サラしたとしても・・・

 

一生涯、労働地獄です。

 

収入も月収50万~100万円

ぐらいで頭打ちとなり、

 

本当の理想の生活を手に

入れることは難しいでしょう!!

 

世の中の経営者と言われる人と

労働地獄のフリーランスの違いは、

 

この『仕組み化』にあります。

 

時間があるのに『稼いでいる人』は

『仕組み化』を積み重ねています。

 

あなたが、この先ビジネスでを

続けていく上で・・・

 

最重要な話になるので、

最後まで読み進めて下さい。

 

ビジネスを仕組み化すべき理由

 

多くの経営者のは・・・

"ビジネスを仕組み化すべき”

と言われたら異論はないと思います。

 

すべき理由を聞いたら、たぶん

『使える時間が増えるから』

と答えるでしょう!!

 

自kzん 画像 に対する画像結果

 

確かにその通りです。

 

貴重な時間が増えるほど

大切な事はないと思います。

 

それが・・・

“その空いた時間で他のビジネスに

全霊を注げるということ” です。

 

ノマド 画像 に対する画像結果

 

空いた時間で、

“新たなビジネススキルを学びなおし”

そして、

“新たに仕組みを作る”

 

この繰り返しで、

どんどん収入源が増えて行きます。

 

実は世の中で稼いでいる人は

当たり前にこれを実践しています。

 

これが『ビジネスを仕組み化すべき』

根本的な理由です。

 

ビジネスを仕組み化する方法

 

『仕組み化』って聞くと

なんか難しそうとおもいますよね??

 

それでも、大丈夫です。

 

まず、自分が今やっていることを

振り返って・・・

 

“これは自分じゃなくてもできる”

“これはシステムで自動化できる”

 

という部分を書き出して下さい。

 

ソース画像を表示

 

始めは、この考え方からです。

 

例えば、Webビジネスだと

 

顧客リストへの配信はツールを

使えば自動化できます。

 

また、人に任せるのも

重要な考え方です。

 

自分でなくても出来ることは

外注や他の人に任せ

 

まずは、些細な事からでいいので

『考える』ことから始めて下さい!!

 

もちろん、ツールを使ったり外注化

するにはコストがかかるので、

 

一時的には収入が減る事もあります。

 

労働量の割に収益が上がる人と

上がらない人、両者の違いは、

 

この『仕組み化』をするか

しないかにあります。

 

今日のところは、

この辺りにしておきます。

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございます。

 

P.S

 

正直、仕組み化までいくのは

大変なことです。

そこまでに行くまでに考えも

しないような問題や葛藤の

連続で悩んでいる時間も

与えてくれないことになりますが

 

人生100年時代と言われる

現代において数年間

本気で何かに打ち込めるので

あれば一度挑戦してみるのも

良いことではないでしょうか

 

今回の話を聞き少しでも私や

私の話に興味を抱いて頂けたら

幸いです。気楽にこの様な話や

知識や考えを公式LINEで

発信しています。

 

気楽にポチって頂けましたら

喜んじゃいます。

意見や考え悩みを含み教えて下さい。

あなたに少しでも触れ合えることを

楽しみにお待ちしております。

 

【▼勇気を出してポチりぐち▼】

ソース画像を表示

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。